神戸の印刷、出版と販促。前川企画印刷公式ブログ「嵐のマエブロ」

神戸の前川企画印刷が印刷物・アプリ・出版に関する新商品・セミナー情報・ブロガー名刺の注文状況などを最速でお届けします。

*

そのままでは印刷できない?WordやExcelで作成したデータを印刷データとして使う方法

   

office

時々「印刷データを渡すから、制作費を引いて安くしてほしい」と相談を受けることがあります。
ところが渡されたデータは、WordやExcel、PowerPoint等で作られたOffice系で作られたデータ。

実はこれらのOffice系のデータは、そのままでは印刷データとして利用することができません。
印刷で使えるデータを制作することになりますので、結局制作費がかかってしまうことになってしまいます。

これらOffice系のデータを印刷データとして使う方法をご紹介します。

WordやExcel、PowerPointでデータとして作成する場合の注意点

正しいサイズで制作する

意外に多いのが、ドキュメントのサイズと印刷サイズが合ってないこと。
WordでA4のデータを作成の場合はデフォルト設定なので間違いは少ないのですが、B5やA5等のデフォルトとはサイズが違ったり、ExcelやPowerPointで制作されている場合に多く見られます。

埋め込みできるフォントを使う

Office系のデータはそのままでは印刷に使用できないので、PDFに変換して印刷することになります。
PDFで見た目そのままに印刷するには、フォントが埋め込まれている必要があります。
埋め込み不可のフォントを使用していてこちらの環境にそのフォントがない場合、見た目が大きく変わってしまいます。

font-caution

色味が変わることを前提とする

Office系のカラー設定はRGBですが、印刷に使われるカラー設定はCMYKです。
ですので、RGB→CMYKに変換するのですが、変換を行う際に少しくすんだ感じになってしまいます。

color

Office系データを印刷できるネット印刷

最後に、Office系データを利用できるネット印刷を紹介します。
PDFの変換についてはそれぞれの指定の方法がありますので、入稿先に合わせてPDFデータを作成してください。

プリントパック

https://www.printpac.co.jp/
印刷のことなら印刷通販【プリントパック】

グラフィック


業界最大規模の品揃えを誇る《プリント・メガストア》。「印刷の通販 グラフィック」

ラクスル




印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

ベストプリント




印刷通販ベストプリント

もちろん前川企画印刷でも対応を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

ad

ad

 - 印刷 , , , , , , ,